Give & Forget 見返りは求めない。一所懸命頑張っている世界中の仲間たちに幸せのお裾分けを。

社会投資にかける想い

社会企業家という言葉が生まれて久しくなってきた昨今、これから大切になってくるもう一つの概念が社会投資になると私は確信しています。

投資で稼いだお金の一部をボランティアをはじめとした理想の社会の実現のために必要なものに寄付をすることはもちろん。

世の中をより良くするために頑張っている社会企業や人に投資することを表しています。

ただこれは一般的に言われている投資家に限った方の言葉ではありません。人は生きている以上、お金、時間など様々なものを投資しており、その意味で皆投資家と言うことが出来ます。

社会投資家普及協会のモットーは

幸せのお裾分け

になります。

自分自身の幸せを共有し分け与えるということ。そしてその幸せの感じ方のひとつが人のお役に立つことです。そのためボランティアしているつもりでも結局その行為によって自分自身の幸せを感じることが出来るため「させて頂いている」という感覚が自然と生まれてきます。

そしてそこで得られた幸せの気持ちをまた共有しお裾分けしていく。このサイクルがまさに幸せのサイクルであり、世の中をより良くする社会投資家としての生き方の基本となります。

そしてあなたが変わることによって、あなたの家族が変わり
家族が変わると地域が変わり
地域が変わると国が変わり
国が変わると世界が変わり
世界が変わると時代が変わります。

私たちが社会投資家として幸せのお裾分けをすることで、結果的に時代が変わります。

その第一歩がまず自分自身の人生に幸せを感じることであり、そのための方法が人のお役に立つということです。

世の中をより良くするために知恵、お金、時間などを投資するようになると、今度はもっと自分自身に知恵、お金、時間があれば更に出来ることがあるということにも気づきます。

そこでまた自分自身にも投資をしてスキルアップ、レベルアップを図るようになります。

このようにして社会投資をすることによって世の中により良いお金の流れを創ることが出来、また自分自身の成長も促すことが出来るようになります。

是非、共に社会投資家の仲間としてたった一度の人生をより良い社会の実現のために取り組んでいきましょう。

ブログ

ブログ一覧へ

トップページ

ページの先頭へ